英語学習

【比較】オンライン英会話を始めるならどこがいいか調べてみた

2020年1月14日

はじめに

英語学習をスキマ時間を見つけて継続してきたつもりでしたが、TOEIC テストを受けても手応えを感じる事ができず、いよいよ「オンライン英会話を始めるしかない」と思うようになりました。
今までは、下手な英語を話すこと、そもそも話ができないこと、を想像すると心理的に二の足を踏んでいました。「オンライン英会話を始めてTOEICの点数が上がった」、「外資系企業に転職できた」などのブログを見ていて、自分も始めようかな、と思い、どんなサービスがあるか調べてみました。

どんな種類のオンライン英会話があるか?

「オンライン英会話」で検索すると、沢山のサービス・会社がありました。ざっとカテゴリ分けすると、以下のように区別できそうです。

  • 講師が、日本人かネイティブスピーカーか、否か
    • アメリカ人など英語を母国語とする国の人と会話をするサービスと、フィリピン人など英語を第二言語とする国の人と会話をするサービス。最近は日本人講師のサービスも増えてきている。
  • マンツーマンレッスンか、否か
    • 先生が一人に対して複数人の生徒がいるグループでのレッスンか、1対1のマンツーマンレッスンか?
  • Skypeを使うか、否か
    • スマホ専用アプリがあっても会話はSkypeを使うか、専用アプリ内で会話も可能か?

オンライン英会話のざっくり比較表

前述のカテゴリで比較表を作成してみます。比較対象は、ブログを見ていて人気のある・評価の高いサービスと思われたものを選んでます(思い切り主観的です)。

 講師は?マンツーマン?Skype必要?
Camblyネイティブマンツーマン不要
EFイングリッシュライブネイティブマンツーマン/
グループ
不要
DMM英会話非ネイティブ/
ネイティブ/日本人
マンツーマン必要
レアジョブ英会話非ネイティブマンツーマン不要
ネイティブキャンプネイティブマンツーマン/
グループ
不要
Bizmates(ビズメイツ)非ネイティブマンツーマン必要

初心者&小心者向けはどこが良さそう?

 僕のような初心者&小心者向けには、選択ポイントは(いったんコストは置いといて)「講師がネイティブか否か?」になります。
 講師がネイティブの方が自然な発音が見について良い、という意見と、日本人や非ネイティブの方が英語を勉強する過程を知っているので教え方が上手い、という意見がありました。非ネイティブの方がレッスン費用が安いのですが、「どうせレッスンを受けるならネイティブに」という思いもあり、悩みます。
 ということで、今回は結論を出さずにもうちょっと調べようと思います。

関連記事
オンライン英会話 - キャンペーン情報【2020年2月】

オンライン英会話のキャッシュバック/キャンペーン情報をまとめました(2020年2月時点)。 キャンブリー(Cambly ) 特徴 アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏のネイティブ講師 ...

© 2021 サラリーマンのLifeShift実践