マネー

【新型コロナショックにより緊急事態宣言】世界経済インデックスファンドの成績【2020年4月8日時点】

今日2020年4月8日は、新型コロナウィルスによる「緊急事態宣言」発令の初日です。1ヶ月ぶりに積立投資しているインデックスファンドの評価損益を確認しました。

株式市場の状況

日経平均とNYダウは3月に急落し、「世界恐慌」や「リーマンショック」レベルの危機になるかもしれないとの記事を目にします。

急落ぶりを日経平均とNYダウのチャートで確認しました。日経平均は3/19の終値「16,552.83円」が底値で、4/8時点では多少回復してきています。

Yahoo!Financeより
Yahoo!Financeより

前回確認時の成績【2020年2月29日】

ファンド名評価損益(%)
世界経済インデックスファンド+15.11
ニッセイ外国株式インデックスファンド+0.79
前回記事
世界経済インデックスファンドの成績【2020年2月末】

 今日、2020年2月25日は、新型コロナウィルスの感染拡大を懸念し、日経平均株価は急落しました。一時1,000円を超える下げとなり、日経平均株価(225種)終値は前週末比781円33銭安の2万260 ...

今回の成績【2020年4月8日】

ファンド名評価損益(%)
世界経済インデックスファンド+4.45
ニッセイ外国株式インデックスファンド-11.60

やはり、先進国の株式で構成された「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の評価損益がマイナスになってしまいました・・・
インデックスファンドの積立で一喜一憂してはいけないのでしょうけど、マイナスとなるのは初めてです。
「世界経済インデックスファンド」が、まだプラスなのが救いです・・・

© 2021 サラリーマンのLifeShift実践