ブログ運営

【WordPress】メニューバーにカテゴリーを追加する方法【Cocoon】

2019年11月17日

はじめに

前回記事で記事を投稿する時のSEO設定についてまとめましたが、記事を投稿し続けていると、そのうち他のブログサイトのようにメニューバー(?)にカテゴリーごとに記事を分けたくなってきます。今回は、メニューバーにカテゴリーを追加してみたので、その設定方法をまとめました。

カテゴリーを設定する方法

別記事で、記事を投稿する時にカテゴリーを設定する方法をまとめましたが、あらかじめカテゴリーを設定することもできます。

例えば、「ブログ運営」と「マネー」というカテゴリーが既に設定されている状態で、「英語学習」の新しいカテゴリーを追加する場合を例に、以下のような手順を踏みます。

ダッシュボード画面で、「投稿」-> 「カテゴリー」をクリック

新規カテゴリーの「名前」と「スラッグ」を入力

画面の「名前」欄に「英語学習」、「スラッグ」欄に「learn-english」と入力します。「スラッグ」には半角の英字(小文字)と数字とハイフン「-」を入力します。

「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリック

新規カテゴリーが設定される

新しく「英語学習」というカテゴリーが設定できました

メニューバーにカテゴリーを設定する方法

設定前のメニューバーにはカテゴリーは表示されていません。

この状態から、メニューバーにカテゴリーを表示するよう、以下の手順を踏みます。

ダッシュボード画面で 「外観」 -> 「メニュー」 をクリック

「メニューを編集」タブで 「カテゴリー▼」 をクリック

メニューに追加したいカテゴリーをチェック

記事を投稿時に既に設定していたカテゴリーの「ブログ運営」と「マネー」と、先程新たに追加したカテゴリーの「英語学習」が「すべて表示」タブに表示されています。3つのチェックボックスをチェックします。

「メニューに追加」 をクリック

「メニューに追加」ボタンをクリックすると、右側に「メニュー構造」が表示されます。

「メニューを保存」 をクリック

「メニューを保存」ボタンをクリックすると、画面上部に「ナビゲーションメニューを更新しました」と表示されます。

メニューバーの確認

サイト表示して確認すると、以下のようにメニューバーにカテゴリーが追加されました。

カテゴリー別の記事を確認

メニューバーで「マネー」をクリックすると、カテゴリーに「マネー」を設定した記事だけが表示されます。

まだ、記事を投稿していない「英語学習」をクリックすると、「投稿が見つかりませんでした」と表示されます。記事が無い時はこのような表示になるのですね。

まとめ

WordPressで、カテゴリー毎の記事をメニューから辿ることが出来るようになりました。機能としては、カテゴリーの中に更にサブカテゴリーを作って、メニュー構造も階層構造に出来るようです。投稿を続けているうちに必要に応じてサブカテゴリーも作ってみたいと思います。

© 2021 サラリーマンのLifeShift実践