マネー

【ニュース】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019

2020年1月19日

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」受賞ファンドが2020年1月18日(土)に発表された、という記事がありました。

https://www.toushin.com/news/news-01182020/

ベスト10

上位ベスト10は以下の通りでした。

順位ファンド名資産クラス
1eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)世界株式(日本含)
2eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)米国株式
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックス先進国株式
4<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式
5eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)バランス
6楽天・全米株式インデックスファンド<<愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)>>米国株式
7セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドバランス
7グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)バランス
9バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)世界株式(日本含)
10SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド世界株式(日本除く

 7位の「グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」はアクティブ型ですが、他は全てインデックス型で、やはり最近の人気はインデックス型のようですね。
 ちなみに、前回の記事「インデックス型の投資信託のオススメ」で紹介した、僕が購入している「世界経済インデックスファンド」はベスト10に入っていませんでしたが、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は4位でした。

購入可能な証券会社

前回の記事「インデックス型の投資信託のオススメ」で紹介した、僕が口座を持っている「マネックス証券」、「SBI証券」、「楽天証券」で購入可能なファンドかどうかを調べましたが、7位のセゾン投信と10位を除いて購入可能でした。

順位ファンド名販売会社 *1
1eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)マ、S、楽
2eMAXIS Slim 米国株式(S&0599)マ、S、楽
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックスマ、S、楽
4<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドマ、S、楽
5eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)マ、S、楽
6楽天・全米株式インデックスファンドマ、S、楽
7セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン投信
7グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)マ、S、楽
9バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)マ、S、楽
10SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドS

*1 マネックス証券:「マ」、SBI証券:「S」、楽天証券:「楽」

まとめ

 上位3位のファンドは株式型であり、僕が購入しているバランス型ではありませんでした。投信ブロガーの方たちの多くがバランス型よりも多少リスクをとってでもリターンを望んでいる、ということなのかもしれません。
 投信ブロガーの年齢層別でランクを付けると、年齢層が高くなるほどバランス型を重視するのではないかと推測しています。

© 2021 サラリーマンのLifeShift実践